演題登録

シンポジウム/ワークショップの演者に指定されている方も、演題登録が必要です。

1. 演題登録期間

新鮮な演題・予稿を盛り込んだ学会大会を目指して、締め切り後の作業を切り詰めて演題登録期間を延長して参りましたが、作業日程と発表可能演題数の関係から6月4日火曜日の正午をもちまして演題登録を締め切りました。多数の演題登録を有り難うございました。9月の大会でお目にかかりますことを楽しみにいたしております。

  • 締め切り後は受付けできません。
  • 演題登録はインターネットのみで受け付けます。締切日直前はインターネット回線の混雑が予想されますので、余裕を持ってご登録ください。

2. 既にシンポジウム/ワークショップの演者に指定されている方

  1. 「大会予稿集掲載用抄録」を一般演題登録と同じ演題登録画面で筆頭演者として登録してください。予稿の制限文字数等は一般演題と同じです。
  2. セッション分類では、「2.シンポジウム/ワークショップ(指定演者)」を選んでください。
  3. 筆頭演者、共同演者はいずれも日本体力医学会会員でなくてもかまいません。
  4. 非会員の筆頭演者の方は、筆頭演者の会員番号欄に「99」と入れてください。
  5. 会員の方は、別に一般演題一題を筆頭演者として登録することができます。
  6. 後日「大会予稿集」でご案内いたしますが、「体力科学1号」に掲載するための大会抄録の原稿を別途作成し、学会事務局(慈恵医大内)へメール添付でご提出いただきます。

3. 一般演題を登録する方

  1. 筆頭演者を発表者とします。
  2. 筆頭演者として一般演題を登録できるのは、会員番号を持つ日本体力医学会員に限ります(会員番号は会員名簿に記載)。非会員の方は、日本体力医学会ホームページ から入会手続きを行ってください。共同演者は学会員でなくてもかまいません。
  3. 筆頭演者としての一般演題登録は、会員1名につき1演題に限ります。共同演者としての演題登録は何演題でもかまいません。
  4. 一般演題はすべてパソコンを用いた口頭発表です。ポスター発表はありません。
  5. 一般演題(一般口演)からシンポジウム/ワークショップへの組み込みを希望される方は、演題分類の下のチェックボックスにチェックを入れて下さい。シンポジウム・ワークショップに組み込まれた演題は、一般口演での発表はなくなります。
  6. シンポジウム/ワークショップへ一般口演から組み込まれる筆頭演者の方へは、演題登録締め切り後にご連絡を差し上げます。
  7. シンポジウム/ワークショップへ一般口演から組み込まれた演題は、「体力科学6号」掲載用抄録を記入する必要はありません。後日「大会予稿集」でご案内いたしますが、「体力科学1号」に掲載するための大会抄録の原稿を別途作成し、学会事務局(慈恵医大内)へメール添付でご提出いただきます。
  • シンポジウム・ワークショップに組み込みを「希望しない」ことができるようにしてありますのは、研究を始めてまだ日の浅い研究者が、シンポジウム・ワークショップへの組み込みを怖れてせっかくのレビューの機会を失うことを防ぐための措置です。評議員以上の確立された研究者の方は、必ず「希望する」としてチェックボックスにチェックを入れて下さるようお願いします。
  • ※入力画面の共同演者枠では足りない場合、
    1. 演題登録終了後、入力できなかった共同演者名だけでなく全ての登録内容をテキストデータ(Word)にして、運営事務局((株)学会サービス内)へ添付ファイルでお送り下さい。
      ※セッション・演題分類、会員番号、電話・FAX番号、キーワード、パスワード等は不要です。
    2. テキストデータ作成時、制限文字数(演題名、筆頭演者、共同演者、所属機関名、抄録本文等を含む)609文字にご注意ください。
    3. 送信時には演題登録受付番号もお知らせください。

4. 演題と「大会予稿集掲載用抄録」の登録方法

  1. 新規演題は画面下の「新規演題登録」ボタンから登録してください。
  2. 通信方法は〔暗号通信〕と〔平文通信〕がありますが、〔暗号通信〕をお使いになると送信していただく情報を暗号化することができます。〔暗号通信〕をお使いになることをお勧めいたしますが、お使いの通信ソフトによっては〔暗号通信〕でアクセスできない場合がございますので、その場合は〔平文通信〕をお使いください。
  3. 演題名・演者・共同演者・所属が所定の制限文字数を超えますとエラーを表示して登録できなくなります。この場合には大学名・所属名を簡略な大学名のみの記入にするなどして、制限文字数に収まるように工夫をして下さい。
  4. 「大会予稿集」掲載用抄録本文は【背景】、【目的】、【方法】、【結果】、【結論】の小見出しをつけて読みやすくしてください。
  5. 登録終了時に発行される登録番号と、設定した参照・更新用パスワードは、演題の修正や「体力科学6号」に掲載する抄録を登録する時に必要になります。必ず控えを取っておいてください。
  6. 演題受領の電子メールは、登録時に入力したメールアドレスに送信されます。当該メールが届かない場合には、登録時に入力したメールアドレスが誤っていないかを確認し、誤りがあれば修正してください。発表日時は大会実行委員会でのプログラム編成が終了し次第、電子メールにて通知いたします。
  7. 登録後に同一演題を修正、変更される場合は、下記「確認・修正ボタン」よりお入りください。
  • 新規演題登録(暗号通信)
  • 確認・修正(暗号通信)

暗号通信が使えない場合に平文通信をご利用下さい。

  • 新規演題登録(平文通信)
  • 確認・修正(平文通信)

5. 学会誌「体力科学6号」掲載用一般口演抄録の登録方法

  1. 一般口演の大会抄録を学会誌「体力科学6号」に掲載します。
  2. 発表日時の通知以降、平成25年10月1日(火)正午までに、演題登録時に発行された登録番号とご自身で設定されたパスワードを用いて下記ボタンより演題登録画面に入り、「体力科学6号」掲載用抄録本文を登録・修正してください。

体力科学6号用 一般口演抄録 登録・修正(暗号通信)

暗号通信が使えない場合に平文通信をご利用下さい。

体力科学6号用 一般口演抄録 登録・修正(平文通信)

  • シンポジウム/ワークショップの演題(一般口演から組み込まれた方を含む)は、大会抄録掲載が「体力科学1号」になりますので、「体力科学6号」掲載用抄録を登録する必要はありません。「大会予稿集」で後日お知らせする書式に従ってWord原稿を作成し、学会事務局(慈恵医大内)へメール添付でご提出ください。

6. 「体力科学1号」掲載用Word原稿のメール添付先

学会事務局
東京慈恵会医科大学 分子生理学講座
〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
TEL:03-3433-1111(内線2216) FAX:03-3431-3827
E-mail:tairyoku68@jikei.ac.jp

7. 演題登録システムに関するお問い合わせ先

運営事務局
株式会社 学会サービス
〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町7-3-101
TEL:03-3496-6950 FAX:03-3496-2150
E-mail:tairyoku68@gakkai.co.jp