演題募集期間:2019年9月12日(木)〜11月7日(木)

事務局

国際医療福祉大学
成田保健医療学部
言語聴覚学科

〒286-8686
千葉県成田市公津の杜4丁目3

運営事務局

株式会社学会サービス

〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町7-3-101
TEL:03-3496-6950
FAX:03-3496-2150
E-mail:enge43@gakkai.co.jp

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、弊社ではテレワークでの勤務を行っております。
ご不便をおかけいたしますが、できる限りメールでのお問い合わせにご協力ください。

会長挨拶

第43回日本嚥下医学会学術講演会

第43回日本嚥下医学会学術講演会
会長 倉智 雅子(国際医療福祉大学 成田保健医療学部 言語聴覚学科 教授)

このたび,第43回日本嚥下医学会学術講演会を令和2(2020)年3月14(土),15日(日)の両日,東京都千代田区の学術総合センター(一橋講堂)において開催させていただくこととなりました。医師以外の職種として初めて大会長を仰せつかることとなり,この上なく名誉なことと恐縮するとともに身の引き締まる思いをいたしております。このように貴重な機会をお与え下さいました兵頭政光理事長,藤島一郎前理事長ならびに役員,会員の皆様に心より感謝申し上げます。

今回のテーマは「嚥下医学の和」とさせていただきました。ご存知のとおり2020年は東京オリンピックが開催される年であり,日本中が国際色豊かに染まることと推測されます。そのような時に敢えて「和」(日本)を掲げ,日本の嚥下医学が世界の中で果たしてきた役割を振り返り,自らの足元にある高度な嚥下研究を見つめ直したいと考えました。

興味深いことに,「和」の漢字と音の響きは嚥下医学に従事する私たちにとって鍵となる言葉をいくつも連想させてくれます。チームアプローチの根本となる関連職種の「輪」,多職種のより良き連携と専門性の尊重を意味する「融和」や「和合」,それぞれの専門職が互いに学び合い,積算・加算のように高め合う「積和」などです。奇しくも新元号「令和」にも「和」が選ばれたことは,大会長にとっては極めて嬉しい偶然となりました。

第43回大会は,横浜市で開催される第32回日本喉頭科学会(3月12・13日)に続いて開かれます。日曜日にお帰りを急がれる場合を考慮し,学術講演会は正味1日半に凝縮し,2日目の午後はポストコングレスセミナーに充てるよう計画しました。1981年に嚥下研究会として創設された本学会は,ひとつの演題を参加者が全員で聴き,とことん討論するのが大きな特色でした。容赦ない質問が飛び出し,手厳しい指摘を受けることが常の講演会でしたが,同時に「あそこで発表できる自分になりたい」という向上心を掻き立てられる会でもありました。本大会は研究会当時の全員参加型を再現すべく,口演数を限定し,中継会場を設けて聞き逃しが生じないよう工夫をしました。口演が限られる分はポスター発表を充実させて対応いたします。

プログラムの詳細は後日公開されますが,特別企画として,第1日には理系分野のグローバルリーダーとしてご高名な東京大学大学院理学系研究科教授の合田圭介先生から特別講演を賜ります。夕刻からはイブニングセッションを設け,中村友美先生(サントリーグローバルイノベーションセンター研究部),松尾浩一郎先生(藤田医科大学),寺本信嗣先生(東京医科大学八王子医療センター)を交え,フロアと共に水の誤嚥と肺炎ついて徹底議論いたします。第2日はモーニングセミナーとし,梅﨑俊郎先生(福岡山王病院)より摂食嚥下障害領域で活用されている電気刺激について包括的にご講演いただく予定です。

第2日午後のポストコングレスセミナーは,嚥下臨床に高い専門性を発揮するための土台作りを目指します。第一線でご活躍の藤島一郎先生(浜松市リハビリテーション病院),益田 慎先生(県立広島病院),弘中祥司先生(昭和大学),井上 誠先生(新潟大学),津田豪太先生(聖隷佐倉市民病院)を講師にお迎えし,小児および成人領域の基礎から医療倫理までを学べる機会を提供します。

年度末の3月はどなたにも多忙を極める時節と拝察いたしますが,東京という地の利を活用して本大会に足をお運びいただけましたら幸甚に存じます。大会関係者一同,皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。